SPIRALなら稼げるのか?詐欺ビジネスでないかと疑う必要はない?

SPIRALで成果を出すために必要なことって?

副業で成果を出すことができる人とできない人、その差はどこから生じてくると思いますか?

“能力”“環境”様々な答えがあるかとは思いますが、私は“全力”でその副業に打ち込める体制が作れたかどうかだと思っています。

SPIRALをご存知ですか?今少しずつ話題になりつつある投資ビジネスのようですので興味をもっているという人もいるかと思います。

3分で3万円を毎日稼げるという強烈なキャッチコピー、そして始めるための各種費用が無料という敷居の低さから私も興味を持っている内の一人です。

この副業においても同じです。

つまり全力で取り組むこともが最も大切だと私は思っていて、そのための障壁となりそうなものは全て事前に排除しておいたほうがよいと考えています。

今回はそのために必要なこと、つまり私が個人的に考えるSPIRALに全力で打ち込むための体制つくりの仕方に焦点を当てて紹介します。

あまり知られていない弁護士、消費者センターを利用する場合のデメリットとは

ネットビジネスに限らず、全力で物事に打ち込むためには不安要素を取り除いておくことが大切です。

投資型の副業であるSPIRALについても同じだと私は考えております。

つまりうまくいかなかった時のこと、返金について調べておくことが大切だということです。

返金についてですが、一般的には弁護士や消費者センターに相談するというのが最も有名な手のようですが、私個人としてはそれはしたくはなく、運営に直接相談するのが良いのでは?と考えております。

理由はいくつかあるのですが、端的に言ってしまうとお金がない!そして夫に副業をしていることがバレたくないためです。

・お金がないとダメなのか?
もしかしたら相談無料と広告をうっている弁護士事務所を指してお金がなくても弁護士は利用することができると述べる人がいるかもしれません。

ですがその先、相談の後弁護士を雇って法廷闘争することを考えるとやはりお金が無い現状私は弁護士を利用することができません。

自治体の消費者センターを頼ることも考えましたが、個人的な話お役所にあまり良い印象を抱いておらず、後述する理由からも消費者センターを利用することが難しいんです。

・副業していることがバレてしまう
人によってはこちらのほうが大きな障壁となるでしょう。

弁護士や消費者センターを利用することによって家族の人間や会社の人に副業をしていたことがなんらかの形で伝わってしまうことがあるみたいです。

副業で失敗した損を取り戻す過程で本業を失うことになったり家庭を失うことになるなんて、そんな馬鹿げた話はありません。

私の夫は私が副業をすることをよく思っていないようなので、夫にバレないためにも自治体の消費者センターを利用することが難しいんです。

また、お金が潤沢にあり、副業が認められているという人であったとしても弁護士や消費者センターを利用する際には慎重になってほうがよいかもしれません。

とにかくコストパフォーマンスが良くないので、使える時間や費用、得られる対価などを天秤にかけた上での最後の手段であると思ってもらってもよいでしょう。

デメリットなし!?SPIRALの運営会社に相談!

SPIRALで金額を稼ぐことができない等のトラブルにあたってしまった際には運営会社に直接相談するのが個人的には良いのでは?と上の章で最初に記しました。

これには勿論弁護士や消費者センターに頼る場合のデメリットが大きく個人的に利用したくないというのもあるのですが、それとは別でそうしたほうがメリットが大きいというのも理由としてあるんです。

SPIRALの運営会社に相談する場合まず上で挙げたデメリットがありません。

つまり弁護士に依頼するための費用も必要なければ家の人、会社の人に副業をやっていることが知られることもありません。

また返金を申し出る前にSPIRALに相談を行うことであたっているトラブルが解決できる可能性もあります。

SPIRALは投資ビジネスに分類されるかとは思いますが、ただの投資ビジネスではなく機関投資のトレード手法をインスパイアした次世代のモバイルアプリを利用した投資ビジネスになります。

機械の操作に躓いたり知識や経験の不足からできないことが発生するのも十分に予測できるのです。

例えばそんな時などはSPIRALの製造元である運営会社に相談することでその都度最も最適なサポートを得られることも考えられます。

実際公式サイトには誠心誠意サポートの文字を見つけることができるためそれなりのサポートは期待できると思って良いでしょう。

SPIRALでパフォーマンスを落とさないために意識すべき3つのこと

トラブルに見舞われてしまった時のことがちらついてパフォーマンスを落とす人は少なくありません。

  1. 弁護士や消費者センターには頼らない
  2. チャージバックは求めない
  3. 運営会社に相談する

 

そんな時以上の三点を予め心の隅においておくことで不安要素を取り除くことができ、目の前の事柄のみに集中することができるようになります。

SPIRALで稼ぐための体制を盤石にすることができるわけです。

SPIRALに全力に取り組み、しっかりと稼ぐためにも「何か困ったことがあったら運営会社に相談するということを徹底したほうがよいかもしれない」ということを覚えておきましょう。